2019/2/1加筆:
以下、triplediamonder様からのコメントにある通り、2019/2/1からコードシェアは再開されている模様です。

triplediamonder様 がJALに問い合わせたところ、

・12月5日から1月20日まで販売中止していた、
・1月21日から販売を再開している、
・再開対象便は2月1日分から、

との回答を得られたそうです。貴重な情報提供、ありがとうございました。

ここからは、以前の記事をそのまま残しています。

本日、JALから衝撃のメールが届きました。

JALから予約便の運休メール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この度はJALグループをお選びくださいまして、ありがとうございます。
ご予約便が運休となりましたのでお知らせいたします。
以下のとおり、代替便にてお座席をご用意させていただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

え、運休???
それは困った。世界一周の日程あわせてホテルもすべて予約してあるのに・・・

おそるおそる、便の情報を見てみると。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
変更前
JAL7077便
東京/成田発 ◎月▲日 11:20
コロンボ着 ◎月▲日 17:50

変更後
UL455便
東京/成田発 ◎月▲日 11:20
コロンボ着 ◎月▲日 17:50
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あれ、発着地も時間も同じなんだけど、便名だけ違う?なぜ?

最初はポカーン状態でしたが、ようやく思い出しました。

世界一周航空券を購入したときに、JALのFly onポイントを効率よくためるため、JALと共同運航している便に乗るときは、JAL便名で予約していたのです。

詳しくはこちら。

FOPの問題

実際に運休されるわけではなくなったので、一安心でしたが、来年のFOPを再計算する必要が出てきたので、これはこれでちょっとした問題です。

JMBダイアモンド会員になるためには、JAL便で50000ポイント以上のFOPが必要です。

それが一気に8000ポイント以上減ってしまいました。

まぁこれは来年後半に調整すればなんとかなるので良いでしょう。

2019/2/1追記
こちらもJALに直接問い合わせ、解決済みです。以下の記事を御覧ください。

なぜJAL便名だけ運休することになったのか

気になってJALの国際線予約ページで、今後のコロンボ行きの便を調べてみました。

すると、明日以降のスリランカ航空便は一切検索に引っかかることはなく、乗継便(香港経由、バンコク経由、クアラルンプール経由)しか予約することはできなくなっているようです。

つい先月検索したときは普通に出てきていたはずなのに、これはちょっと変ですね。

おそらくですが、JALはスリランカ航空とのコードシェアを解消したのではないでしょうか。

2014年から行ってきたコロンボ直行便が、今後JALで予約できなくなったのは残念ですね。

世界一周航空券を予約する場合の注意点

このような状況を経験するのは初めてなのですが、今回、世界一周航空券を予約する場合には注意が必要だなと思いました。

今回はスリランカ航空自体が便を運休したり、ワンワールドを脱退するわけではないですが、もしそのような事態になった場合、フライト以外にも予約していたホテルやオプショナルツアー、すべての予定がくるってしまうことになりかねません。

東京ーコロンボのような、1社だけしか運航していないレアな便は、世界一周のルートに組み込む場合、必要最低限にした方がよさそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

2 Comments

  1. はじめまして、triplediamonderと申します。

    私もスリランカ航空のコードシェア便(NRT-CMB等)がJALの予約サイトから排斥されている状況に直面し、情報収集していたことろ本ブログにたどり着きました。

    既に、その後の状況をご承知いただいているのでしたら、本コメントはスルーいただければと思います。

    JALに問い合わせしましたところ、スリランカ航空とのコードシェア便は、
    ・12月5日から1月20日まで販売中止していた、
    ・1月21日から販売を再開している、
    ・再開対象便は2月1日分から、
    との回答を得ました。

    私の方で確認しましたが、既に予約サイトでコードシェア便は表示されるようになっていました。

    JALからの回答では、「販売中止期間」となっていましたが、
    ・2017年に大規模なシステム改修が行われた時期にも似た様なトラブルが多発していた、
    ・意図的な発売中止ということであれば何らかの公の告知はあるが、告知された形跡はない、
    ・JALの海外HPで、スリランカのページがいつの間にかインドネシアからインドに移管されている、

    等の状況から、おそらくはシステムの不具合であったのではと推測しています。

    1. triplediamonder様

      貴重な情報提供、ありがとうございます。
      本件にそのような事情があったことはまったく把握しておりませんでした。
      いただいた情報を元に、記事に加筆させていただきます。

Kazuaki にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。